金を払わずにセックスがしたいなら人妻掲示板をチェックせよ

女性というのは大別すると、「タダマンが不可能な女性」と「タダマンがしにくい女性」と「タダマンがしやすい女性」の三種類に分かれます。

性欲を持て余したすべての男性にとって、タダマン以上に魅力的な言葉はありません。

どうせセックスをするのであれば、お金を払わずにセックスしたいというのは、世の男性たちの共通の欲望であるでしょう。

しかし、タダマンというのは魅力的であるがゆえに極めて難易度が高いものでもあります。

タダマンという見果てぬ夢を追い求める男性が、度重なる性交渉のすえに、刀折れ矢尽き、結局タダマンに辿り着けず、性風俗に予約して金を使ってするセックスに落ち着く、というのは往々にしてよくあることでございます。

人妻はタダマンしやすい女性に属している

タダマンができずに性風俗などに落ち着くことになる多くの男性は、冒頭で掲げた「タダマンが不可能な女性」と「タダマンがしにくい女性」と「タダマンがしやすい女性」の区別をつけていません。

「タダマンがしにくい女性」はもちろんのこと「タダマンが不可能な女性」に性交渉をしかけている限り、その男性がタダマンにたどり着くことはまずできません。

タダマンを獲得する方法は二つしかなくて、「タダマンがしにくい女性」という成功率が低い女性をなんとか口説き落とすか、「タダマンがしやすい女性」を口説いて安易にタダマンにたどりつくかのどちらかであり、後者の方法のほうがより確実にタダマンにたどりつける方法であることは、まず疑う余地もありません。

となると、可及的速やかに必要なのは「タダマンがしやすい女性とはどのような女性か」という情報ということになるでしょう。この情報さえゲットできてしまえば、男性がタダマンを成功させる確率はグッと上昇することになります。

結論から言ってしまうと、「タダマンがしやすい女性」は、おおまかに分けると二種類しかいません。それは、「ヤリマン」と「人妻」です。

すべての人妻がタダマンしやすい女性であるわけではない

「ヤリマン」が「タダマンがしやすい女性」であるということについては、多くの人の賛同を得られる、説明不要の頑然たる事実でしょう。

一方で、「人妻」というのが「タダマンがしやすい女性」であるというのは、少しばかり意外に思われるかもしれません。ですから、「人妻がなぜタダマンがしやすい女性なのか」については、ある程度の説明が必要となるでしょう。

ここで、大前提として、さらに分割しなければならないのですが、「すべての人妻」が「タダマンしやすい女性」なのではありません。「人妻」というのも「タダマンしやすい人妻」と「タダマンしにくい人妻」の二種類に分かれます。

本文においては、今後「人妻」という言葉を「タダマンしやすい人妻」という意味で使用することにしますが、それを踏まえたうえで、先に、今後は「人妻」という言葉が指し示す対象からは除外されることになる「タダマンしにくい人妻」について触れておくことにしましょう。

そのためには、「タダマンしにくい人妻」という対象をはっきりさせなければなりません。

煩雑さを避けるために単純化してしまうと、「タダマンしにくい人妻」というのは、一言でいうならば「人妻掲示板を利用しない人妻」のことです。

「人妻」が「タダマンしやすい女性」だと聞いて、「人妻掲示板を利用しない人妻」にアプローチをしかけるようなことがもしあるならば、その対象は「タダマン不可能な女性」か「タダマンがしにくい女性」のどちらかであり、タダマン成功率がかなり低いということになります。

「タダマンしやすい人妻」というのは、「人妻掲示板を利用する人妻」に限定されます。今後、本文では「タダマンしやすい人妻=人妻掲示板を利用する人妻」という対象のことを「人妻」と書くことになります。

人妻掲示板を使っているほとんどの人妻とタダマンできる

さて、ようやく「なぜ人妻掲示板を利用する人妻がタダマンしやすいのか」であるとか「どうすれば人妻とタダマンができるのか」という主題に触れられる地点にまで到着しました。タダマンの実現はもはや目前にまで迫っています。

しかし、「タダマンまであと一歩」というこの地点で、ギンギンに勃起して思わず前傾姿勢になっている男性陣に対してあえて水をさすわけではないのですが、ここで「人妻掲示板とはなにか」について説明しなければなりません。

なぜなら、「人妻掲示板」がなんなのかをわからないままに、「タダマンしやすい人妻」であるところの「人妻掲示板を利用する人妻」を探し出すことはおそらく不可能だからです。

まず、「人妻掲示板」という言葉を使うと、「人妻掲示板」という場所があると勘違いされるかもしれませんが、そういった公式の場所が実際にあるわけではありません。「人妻掲示板」というのは、「出会い系などの掲示板」につけられた「あだ名」のようなものです。

「人妻掲示板」というのは、「夫以外の男性と出会いたい」と考えている人妻が多数利用している「出会い系の掲示板」の利用状況に対してつけられた「あだ名」であり、意味の凝縮です。

つまり、「人妻掲示板を利用する人妻」というのは、「夫以外の男性と出会いたいと考えて出会い系などの掲示板を利用している人妻」というふうに意味を開いていくことができます。

「夫以外の男性と出会いたいと考えていない人妻」は「人妻掲示板を利用する」という選択肢を絶対にとりません。

ですから、「人妻掲示板を利用しない人妻」というのは、「タダマン不可能な人妻」か「タダマンしにくい人妻」のどちらかに分類される、ということになるわけです。

「人妻掲示板を利用する人妻」という限定された対象を「人妻」と呼ぶことによって、「なぜ人妻がタダマンしやすいのか」であるとか「どうすれば人妻とタダマンできるのか」という大きな主題で人妻を扱うことが初めて可能になるのです。

人妻掲示板を使っている人妻はすでに不貞行為を働いている

なぜ人妻はタダマンがしやすいのでしょうか。これは、ある意味では「愚問」であるかもしれません。

なぜなら、「人妻掲示板を利用する人妻」という意味である「人妻」は、「夫以外の男性」を求めている前提を持っているからです。

「人妻掲示板を利用する」という大胆な選択をとっている時点で、人妻はすでに「セックス待ち」の状態にあるということができるでしょう。

「出会い系の掲示板」などで「人妻」を発見した場合(つまり、眼の前に『人妻掲示板』といえる状況が立ち上がってきたとき)、それは「セックスがしやすい女性」だと判断してまず間違いありません。

「そもそも論」になりますが、結婚生活や性生活がうまくいっている既婚者は、出会い系の掲示板に書き込みをする理由が一つもありません。

「既婚女性が出会い系の掲示板に書き込みをする」という行為は、それ自体がすでに「浮気」であり「不倫」なのであり、抜き差しならない不貞行為なのです。

「人妻掲示板」という言葉は、「夫以外の男性と出会いたいと考えて出会い系などの掲示板を利用している人妻」の浮気・不倫希望の書き込みが多数投稿されている「状況」を指しています。

つまり「人妻掲示板」を利用し、人妻に性交渉をしかけるという行為は、そのまま「タダマン」へと直結しています。「なぜ人妻はタダマンがしやすいのか」という問いにたいする答えは、ここに帰結します。

人妻とヤリマンの違いを知らないと人妻とのセックスは難しい

人妻掲示板を利用すれば、夫以外の男性を求めている人妻とのセックスが可能です。ですが、人妻掲示板で性交渉をしかければ、必ずセックスができるというわけではありません。

人妻とセックスするためには、ある程度の「気配り」が必要です。ここで「タダマンがしやすい女性」であるところの「ヤリマン」と「人妻」の違いが出てきます。

誰にでも簡単に股を開くのが「ヤリマン」ですが、「人妻」は違います。このあたりの勘所をつかむことができないと、人妻掲示板を利用しても人妻とセックスをするのは難しくなります。

人妻掲示板を利用する人妻の多くは、自分のことを「ヤリマン」であるとは考えていない場合がほとんどです。そして、ここが、人妻の実に厄介なところであるわけです。

先程、人妻が人妻掲示板を使っているという状況は、それ自体が浮気・不倫であり不貞行為だということを書いたばかりですが、それはあくまでタダマンを求める男性側からの目線でしかありません。

人妻掲示板を利用する人妻の厄介さ、人妻に性交渉をするときに発生するヤリマンとは違うわずかな難しさは、「自分は人妻掲示板を利用している」という自覚が希薄であるということに尽きます。

人妻は夫以外の男性とのセックスに言い訳を用意している

どういうことかというと、人妻は「夫以外の男性との出会い」を求めて出会い系の掲示板などを利用しているという事実や、感情的な働きがあるにもかかわらず、そこをなかったことにして、まるで「夫と違う男性との出会いを求めている自分」などいないかのように振る舞います。

人妻掲示板を利用するということは浮気・不倫と判断されることを避けられない行動であるのですが、人妻は、自分に「いいわけ」をする女性たちでありますから、「夫以外の男性との出会い」を求めている自分は、「まだ」不倫でも浮気でもない、というエクスキューズを用意しています。

また、人妻は「夫以外との男性との出会い」を求めており、その出会いは明らかにセックスに向かっているのですが、それでいて、人妻というのは、自分が「ヤリマン」であっては困るわけです。

どういうことかといいますと、人妻にとって、セックスというのは、あくまで「間男に誘惑された結果のやむない性行為」でなければならず、「自分の欲望のまま積極的に行動した強い意志での性行為」であってはならないのです。

人妻掲示板を利用する人妻のこのあたりの機微を察知できない場合、人妻との性交渉は失敗しやすくなります。取るに足らないことに思われるかもしれませんが、ここがわからないと、人妻は途端に「タダマンしにくい女性」に変貌するのです。

直接的な性交渉では人妻掲示板の人妻はときめかない

タダマンがしたいと考えている男性は、人妻が人妻掲示板を利用しているという状況だけを見て、「すでに浮気をしているようなもんなんだし、夫以外の男性との出会いを求めているという前提がある以上は、性交渉をすれば簡単に股を開いてくれるのだろう」などと安直に考えてしまいがちですが、このような短絡的な思考をしている限り、人妻とのセックスは遠のくばかりです。

では、人妻掲示板を利用する人妻に対してはどのような態度をとるのが望ましいのでしょうか。どうすれば、人妻掲示板を利用する人妻という「セックス待ち」の女性に「あなたはヤリマンとは違いますよ」という安心感を与えたままセックスができるのでしょうか。

すでに答えは書いてあるようなものですが、人妻を相手にする場合は、「このセックスは自分の欲望や意志ではない」という感覚を可能な限り人妻に与える会話テクニックが何よりも重要になります。

ストレートな性交渉は、人妻に対してはあまり有効ではありません。人妻掲示板を利用する人妻というのが、いくらセックスレスで欲求不満であるとしても、それを直接的に指摘して、「だからセックスしたくて仕方ないんでしょ?」などと誘いかけるのは、あまり好手とはいえません。

人妻掲示板を利用する人妻と出会ってセックスに持っていくためには、むしろ、「セックス」という言葉を避け、ロマンティックなくどき文句をメインにし、セックスを迂回して外堀を埋めていきながら、巧妙にセックスへの流れを整備していくという会話能力が問われます。

人妻掲示板を利用して不倫を重ねる人妻に共通する特徴

人妻を相手にした性交渉を成功させるためには、人妻掲示板というものを利用して夫以外の男性との出会いを求めている人妻の傾向を少しばかり知っておくのも無駄ではないでしょう。

人妻が人妻掲示板を利用するようになるためには、結婚生活や性生活などに何かしらの「不満」が必要です。

結婚生活や性生活に少しの不安もない人妻は、人妻掲示板を絶対に利用しません。人妻掲示板を利用しないまま、夫との結婚生活を穏やかに継続させます。

このような結婚生活を良好に継続できている人妻は、タダマンを求める男性とは無縁の存在ですので、どれだけ美人でセックスしたいような肉体を持っていて、会話をして胸がときめくとしても、諦めたほうが賢明ですし、そもそも知り合うこともありません。

こういった人妻は、タダマンしたい男性とは無関係ですので、あまり深く話す必要もないのですが、「人妻掲示板を利用する人妻」の特徴をよりはっきり理解するために、多少なりどういう人妻であるかを知っておくくらいはしておいてもいいかもしれません。

ざっくばらんに言ってしまえば、結婚生活を良好に継続できている人妻というのは「恋愛気質」ではありません。結婚というものと恋愛というものを切り離しており、「生活」や「共生」という感覚で夫との関係を考えている場合がほとんどです。

結婚というものが制度的なものでしかないということを知っており、日本社会で効率的に生き延びていくためには結婚をしたほうが有利だ、という程度の経済的打算も持ちつつ、相手との信頼関係を築いている「タフ」な人妻は、セックスという行為を含んだ恋愛を基軸にした「幸福」というあってないような観念との距離感がしっかりしています。

セックスと恋愛は本来切り離すことが可能な別種のものである

セックスレスと呼ばれている状態による欲求不満などで夫以外の男性を求める人妻というのは、セックスという行為が含まれる恋愛を通した「幸福」というものを信じている人妻であるということができます。

ここで、繰り返し使用している「セックスという行為が含まれる恋愛」という言葉に、違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれませんので、少しばかり補足をすることにしましょう。

補足といっても、これは、人妻が人妻掲示板を利用する理由の最大のものでもありますから、補足以上に、主要かつ重要な話でもあります。

さて、恋愛というものは、そもそもセックスとあまり関係がありません。男性器と女性器を結合させるという行為がなくても、恋愛という関係性は成立します。

成年以上の男女は、どうしても恋愛の先にセックスがあり、セックスを抜きにした恋愛などはない、ということを無前提的に信じ切ってしまう傾向がありますが、本来、恋愛感情というものと性行為というものは切り離されているものなのです。

性行為というものが恋愛感情と必ず結びついているならば、セフレという関係性は成立しないことになりますし、「金銭」という対価を得る代わりに「セックス」を提供する性風俗業は経営ができなくなります。

しかし、この「セックス」と「恋愛」という無関係のまま成立する二つのものは、どういうわけか混同され、そればかりか「不可分のものである」とさえ思われる傾向があります。

たとえば、風俗嬢に恋をするタイプの男性が一定数存在しますが、こういった男性たちは、「金銭」を支払うことで接触可能になった女性が自分に性的な行為をしてくれたということをきっかけにして、相手に「恋愛感情」を持ってしまうのですが、これなどは、「セックス」と「恋愛」を混同している最もわかりやすい(そして、悪しき)パターンだと思います。

セックスを結婚生活の必需品であると考える人妻

「セックスレス」という言葉がじつに滑稽なのは、これが、「結婚生活というものには必ずセックスがなければならない」という思い込みから出てきた言葉でしかないからです。

前述したような「タフな人妻」の場合は、「恋愛感情」なるものと「セックス」はとうの昔に切り離し済みであり、その前提の上で結婚生活に踏み切っている、というケースがほとんどです。「タフな人妻」の結婚生活において「セックス」は「生活必需品」ではないのです。

「セックス」が「生活必需品」になるタイプの人妻のなかでは、「恋愛感情」と「セックス」というものが結びついています。そればかりでなく、さらに加えて、「結婚生活」には「恋愛感情」がなければならないとも考えています。

なぜそういった人妻のなかで「恋愛感情」がなければいけないかというと、「恋愛感情」が希薄な「結婚生活」など、その人妻にとっては「幸福なわたし」ではないからです。

「タフな人妻」は、「幸福」という観念に対する距離感がしっかりと成熟していますから、「結婚生活」と「恋愛感情」を結びつけて、自分の幸福度をはかるということをしません。

こう書くと「タフな人妻」が冷血に感じられるかもしれませんが、それは違います。こういった「タフな人妻」と夫の間では、「恋愛感情」とは違う信頼関係の原理が共有されており、その原理のうえで生き延びるという確かな結びつきがあるのです。

このような信頼関係を築いて結婚生活を行い、堅実な暮らしを日々生きている人妻にとって、「恋愛感情」はすでに重要ではなく、ましてや「恋愛感情」を確かめる術ですらない「セックス」など、さして重要であるはずがありません。

一方で、「恋愛」のさきに「結婚」があり、「結婚」には「幸福」があり、「幸福」という状態は「セックスという行為が含まれる恋愛感情」の確認のなかで実感されるという考えにとらわれている人妻にとって、「セックスの有無」は自分の幸福を脅かす悪夢的状況を左右する死活問題となります。

ヤリマンと自分を違うものと考える人妻は正しい

ここに「セックスレス」という問題が発生するわけです。「セックスという行為が含まれる恋愛感情」を基軸に「結婚生活」を暮らしている人妻は、セックスの頻度が減れば減るほどに「不安」になります。

夫婦生活のなかではそもそもセックスは必需品ではないうえに、その頻度は自然消滅的に減っていくものなのですが、「恋愛と結びついたセックス」を「幸福」のバロメーターとして考えている人妻は、「セックスレス」を「愛情の減少」と捉えてしまい、結婚当初は永遠に続くと思われた「幸福」が終わるということを予感しはじめるのです。

人妻が人妻掲示板を利用する理由は、この「間違った前提から導き出された不安」にこそあると考えてよいのではないかと思います。

人妻掲示板を利用する人妻とタダマンをしたいと考えているのであれば、この人妻の「セックスという行為が含まれる恋愛感情」という弱点をしっかりと理解しておかなければなりません。人妻とセックスするにあたっては、「(セックスへと繋がっている)恋愛感情」を刺激することが何よりも重要になってきます。

「人妻掲示板を利用する人妻は、自分のことを『ヤリマン』だと思っていない」と書きましたが、これは、実はとても正しいのです。なぜなら、「ヤリマン」は、「恋愛」と「セックス」というものを切り離し、純粋に「セックス」を楽しんでいるからです。

セックスという話題を回避しながら外堀を埋めて恋愛感情を刺激してセックスへと持ち込んでいく、というような「人妻」に対するときのような性交渉のためのテクニックが、「ヤリマン」に対して不要なのは、「ヤリマン」と呼ばれる女性たちが「恋愛」と「セックス」を切り離している明快かつドライな考え方の持ち主だからにほかなりません。

人妻はセックスの渦中においてのみ幸福を実感する

男性のほうは「セックス」というものに「恋愛感情」を一切持ち込まず、単に性欲処理をしているだけなのに、相手となる人妻は「恋愛感情をセックスを通して満たそうとする」という勘違いをしてしまう。

人妻掲示板を利用して人妻とタダマンをする快楽というのは、この双方のセックス観の違いからくる権力関係の勾配によっても発生するものなのではないか、と思います。

ヤリマンとタダマンするのと、人妻とタダマンするのとでは、精神的な快楽において、わずかながら、しかし、決定的な違いが出てきます。

ヤリマンとのタダマンはじつに即物的です。お互いに「セックスはセックス」と割り切っていて、そこにはセックスをする肉体以外の何も存在しません。

一方で、人妻とのタダマンは、「恋愛というものを利用して人妻を騙して優位に立った状態でセックスしている」という、ある種の「女性に対する征服」がともないます。

繰り返しになりますが「セックス」は「恋愛」と切り離すことができるものです。ですが、「セックス」の厄介なところは、「セックス」は単に肉体同士だけでするときよりも、何かしらの「精神性」が介在するほうがその快楽を強めてくれる、ということがあります。

「セックス」と「恋愛」という本来は別個に成立できる二つのものを結びつけることのメリットは、「恋愛感情」をいうものでブーストをかけることで「セックス」の快楽がより強烈になる、ということが挙げられます。

もちろん、「セックスの快楽」がいくら強まったところで、それは「恋愛」が満たされるのではなく「セックス」が満たされるだけなのですが、セックスの渦中にあるときだけは、「セックスと恋愛が同時に満たされている」というような錯覚に陥ることができます。

人妻がセックスのときに実感する幸福は一時的な錯覚である

とはいえ、それは錯覚であり、「セックス」が過ぎ去ると同時に消え去る実感でしかありません。セックスの渦中に実感したものの喪失は、人妻を「次のセックス」へと駆り立てます。

しかし、人妻の不倫セックスというものは大抵は不幸な結果に終わります。人妻のセックスが不幸に陥るのは、いくら「セックス」を重ねても、自分が本来求めていた「恋愛」なるものに絶対に到達することができない(なぜなら、人妻とセックスをする男性は、「恋愛」などという観点から人妻を見ていないので)からにほかなりません。

「セックスという行為を含んだ恋愛感情」が仮に高まるとしても、それは「人妻」の側だけであって、セックスをセックスとしてとらえ、恋愛感情と切り離して性欲処理をする男性は、自分の性欲を満たすばかりであり、相手の人妻に対する「愛情」などを育むことはまずありません。

人妻は「恋愛感情」という精神性を「セックス」に持ち込むのですが、男性は「他人の妻を奪っている」であるとか「恋愛だと思い込ませて騙している」というような「優越感」に属する精神性を「セックス」に持ち込むことになります。

不平等な権力関係からもたらされる人妻とのセックスは蜜の味

この関係性は「平等」なものではありません。「人妻の恋愛感情を刺激して騙すことでタダマンを決める男性」がつねに「上位」に立ち、「恋愛感情を実感するためにセックスを提供する人妻」は「下位」に貶められます。

この不平等な力関係からくるセックスこそが、人妻とタダマンをする醍醐味であるといえるでしょう。

人妻掲示板には、「セックスレス」という間違った悩みから、「セックス」を通して「恋愛感情」を満たそうとし、一生手に入らないうえに持続も不可能な「幸福」を追い求めてやまない人妻が、「夫以外の男性」を求めて大挙しています。

こういった人妻を相手にして、相手の恋愛感情を満たすふりをしながら自分の性欲をお手軽に処理するという快楽は、人妻掲示板を利用して実際に人妻とセックスした男性にしか知ることができない蜜の味です。この蜜の味は、人妻好きではない男性にもぜひとも味わってもらいたい素晴らしいものです。

ヤリマンとの簡単なセックスにも飽きたのであれば、人妻掲示板を使って「タダマンしやすい人妻」の精神を巧妙にくすぐってセックスするという、「タダマンセカンドライフ」をオススメしたいところです。